最高の朝ごはん
「春編」

最高の朝ごはん「春編」

唐津産の鯛と佐賀産アスパラガスをご飯にもよく合う和風アクアパッツァに仕上げました。 その他、佐賀産ホワイトアスパラガスの風味をいかした炊き込みごはん、佐賀産の新たまねぎは甘みを生かしたシンプルな胡麻和え、 神埼そうめんを使ったにゅうめんなど、佐賀県の春の食材をふんだんに使った朝ごはんです。

【佐賀産ホワイトアスパラガスの炊き込みごはん】

佐賀産ホワイトアスパラガスの炊き込みごはん

昆布の旨味とホワイトアスパラガスの香りを残さずごはんにうつし、仕上げにバターで少し風味付け。 ホワイトアスパラガスのシャキシャキした食感も楽しめる春らしい一品です。

〈材料〉4人分

佐賀産ホワイトアスパラガス8本
米(さがびより)2合
粗塩小さじ1
昆布5㎝角1枚
バター10g
佐賀海苔®1枚

〈作り方〉

  1. ①米は洗って15分ほど浸水し、ザルに上げておく。ホワイトアスパラガスは皮をむき2㎝に切る。鍋に皮、昆布、水400ccを加えて火にかけ、沸騰したら2〜3分弱火で煮て皮と昆布を取り出す。
  2. ②塩を加えて、ホワイトアスパラガスを加えて茹で、ザルに上げる。煮汁はとっておく。
  3. ③煮汁に水を足して400ccにする。炊飯器に米と煮汁を加えて炊飯し、炊きあがったらアスパラガスを乗せて蓋をし蒸らす。バターを加えて混ぜ器に盛り、海苔を散らす。

【唐津産の鯛と佐賀産アスパラガスの和風アクアパッツァ】

唐津産の鯛と佐賀産アスパラガスの和風アクアパッツァ

脂がのった鯛とアサリの旨味がたっぷり出たアクアパッツァに、 アスパラガスを加え彩りも華やかに仕上がりました。梅干しと醤油の味付けで普段とは一味違うアクアパッツァに。 梅干しの酸味と白身の鯛がよく合う一品です。

〈材料〉4人分

唐津産鯛切り身4切れ
アサリ8粒
佐賀産アスパラガス4本
梅干し4個
サラダ油少々

A
大さじ3
大さじ3
薄口醤油小さじ2

〈作り方〉

  1. ①鯛の切り身は半分に切る。アサリは砂抜きする。アスパラガスは3cmに切る。
  2. ②フライパンに油を熱し、鯛を皮目から焼く。焼き目がついたらひっくり返し、アサリ、アスパラガス、梅干し、Aを加えて蓋をし5分ほど中火で煮る。

【佐賀産新たまねぎの胡麻和え】

佐賀産新たまねぎの胡麻和え

新たまねぎのみをふんだんに使った胡麻和えです。 肉厚で甘みの強い新たまねぎは蒸し煮にすると更に甘みが増します。 シンプルな調味料で仕上げ箸休めにぴったりの一品です。

〈材料〉4人分

佐賀産新たまねぎ150g(1個)
粗塩小さじひとつまみ

A
すりごま大さじ1と1/2
醤油小さじ1
みりん小さじ1/2

〈作り方〉

  1. ①新たまねぎはくし形に切る。小鍋に新たまねぎ、粗塩、水50ccを加えてアルミホイルなどで蓋をし火にかけほとんど水気が無くなるまで弱めの中火で蒸し煮にする。新たまねぎが固ければ水を追加して火を通す。
  2. ②Aをボウルで混ぜ、①を加えて和える。

【だし巻き卵の佐賀産トマトあん】

だし巻き卵の佐賀産トマトあん

ふんわりとした卵焼きに、トマトを使ったさっぱりとしたあんをかけました。ふわふわとトロトロの食感がクセになる彩り鮮やかな料理です。

〈材料〉4人分

3個
だし汁大さじ3
粗塩小さじ1/3

A
おろしトマト(佐賀産)100㏄
だし汁100㏄
粗塩小さじ1/4
薄口醤油小さじ1
片栗粉大さじ1/2

〈作り方〉

  1. ①卵をボウルに割りほぐし、だし汁、塩を加え混ぜる。2等分に分けておく。
  2. ②Aを合わせて小鍋に入れ、とろみがつくまで混ぜながら加熱する。味が薄ければ塩をする。
  3. ③フライパンにサラダ油を薄く引き、①を流し入れてだし巻き卵を作る。同様に分けておいた半量も焼く。
  4. ④③のだし巻き卵を半分に切り、器に盛り、②のあんをかける。

【神埼そうめんのにゅうめん】

神埼そうめんのにゅうめん

佐賀県の特産品である神埼そうめんを使ったにゅうめんです。 細切りにした野菜と良く絡み、野菜のシャキシャキした食感も良く、見た目にも鮮やかです。

〈材料〉4人分

神埼そうめん50g(1束)
絹さや10枚
佐賀産新たまねぎ1/4個
にんじん1/3本
だし汁1,000cc
みそ(佐賀の米麦大豆使用の合わせみそ)大さじ4

〈作り方〉

  1. ①絹さやはスジを取り斜めに細切りにする。新たまねぎは薄切りにする。にんじんは4cm長さのせん切りにする。そうめんは固めに茹でて水でしめ、ザルに上げておく。
  2. ②鍋にだし汁を加え一煮立ちしたら、新たまねぎ、絹さや、にんじんを入れ、みそを溶きそうめんを加えて軽く混ぜ、沸騰したら火を止める。

一覧に戻る