最高の朝ごはん
「冬編」

【魚のミンチコロッケ天の佐賀産卵とじ】

魚のミンチコロッケ天の佐賀産卵とじ

魚のミンチコロッケ天、佐賀産のたまねぎとキャベツをカツ煮のように煮て、卵でとじます。 ごはんにのせても美味しく、お子様にも喜ばれる一品です。 ※魚のミンチコロッケ天は、魚のすり身にたまねぎのみじん切り等を混ぜ、パン粉をつけ揚げた佐賀のソウルフード。

〈材料〉4人分

魚のミンチコロッケ天3枚
佐賀産たまねぎ1/4個
佐賀産キャベツ1枚
佐賀産卵3個
佐賀産小ねぎ少々

A
だし汁200cc
砂糖小さじ1/2
醤油小さじ2
みりん小さじ2

〈作り方〉

  1. ①魚のミンチコロッケ天は4等分に切る。たまねぎは薄切りし、キャベツは太めのせん切りにする。小ねぎは小口切りにする。
  2. ②鍋にAとたまねぎを加えひと煮立ちさせ、キャベツとミンチコロッケ天を加えてサッと煮たら、溶き卵を加えてフタをし火を止める。器に盛り小ねぎをちらす。

【佐賀産の鶏肉と豆腐、れんこんのみぞれ煮】

佐賀産の鶏肉と豆腐、れんこんのみぞれ煮

鶏肉と佐賀産れんこんをダシで煮て、すりおろしたれんこんでとろみを出します。 冬の寒い時期にぴったりの温かい優しい一品です。

〈材料〉4人分

 
佐賀産鶏もも肉1/2枚
佐賀産絹ごし豆腐1/2丁
佐賀産れんこん150g

A
だし汁200cc
大さじ1
小さじ1/2強

B
片栗粉小さじ1
大さじ1
薄口醤油少々
ごま油少々
おろししょうが(お好みで)

〈作り方〉

  1. ①鶏もも肉は一口大に切る。れんこんは大さじ4すりおろし、残りは5㎜程度のいちょう切りにする。絹ごし豆腐は2㎝ほどの角切りにする。Bの片栗粉を水で溶いてれんこんのすりおろしに加え混ぜる。
  2. ②鍋にだし汁、酒、塩、を加え火にかける。ひと煮立ちしたら鶏肉と豆腐、れんこんのいちょう切りを加えて火が通ったら、れんこんのすりおろしを混ぜたBを加えて混ぜながら加熱しとろみをつける。
  3. ③仕上げに薄口醤油と、ごま油を加え、お好みでおろししょうがをのせる。

【唐津産鯖の干物、みかんとたまねぎのマリネ添え】

唐津産鯖の干物、みかんとたまねぎのマリネ添え

鯖の干物をオリーブオイルで焼きます。 佐賀産みかんを果肉が入るように絞った物に、スライスたまねぎ、はちみつ、塩、佐賀産柚子胡椒を加え、特製マリネのタレを作ります。辛さが苦手なお子様には、柚子胡椒は加えなくても良いです。 特製マリネのタレを鯖にかけて頂きます。 みかんのフレッシュな酸味が、脂がのった唐津産の鯖に良く合います。

〈材料〉4人分

唐津産鯖の干物4切れ
オリーブオイル適宜
佐賀産みかん2個
佐賀産たまねぎ1個
小さじ1/4
はちみつ小さじ1
佐賀産柚子胡椒少々

〈作り方〉

  1. ①たまねぎは繊維を断ち切るように薄切りにする。たまねぎに塩ふたつまみ(分量外)をし、しんなりしたらペーパーでしぼる。
  2. ②①にみかんを横半分に切って果肉も入るように絞る。塩、はちみつ、お好みで柚子胡椒を加え混ぜる。
  3. ③フライパンにオリーブオイルを熱し、鯖の干物を皮目から加え焼き色がついたらひっくり返して焼く。
  4. ④皿に鯖を盛り、②をのせる。

【佐賀海苔®と油揚げと佐賀産小ねぎの味噌汁】

佐賀海苔®と油揚げと佐賀産小ねぎの味噌汁

佐賀海苔®と油揚げと佐賀産小ねぎの味噌汁 油揚げと小ねぎの味噌汁に、仕上げにちぎった佐賀海苔®をたっぷり加えます。 パリパリの佐賀海苔®を味噌汁にたっぷり加える事で、海苔の旨味と香りが味噌汁に溶け出し、いつもと違った味噌汁になります。 冬になると出回る初摘み(一番摘み)の海苔は「花海苔」と呼ばれ、特に柔らかく口溶けが良いのが特徴で、焼き上げた時の磯の香りと豊かな風味が口いっぱいに広がります。

〈材料〉4人分

油揚げ1枚
佐賀産小ねぎ1/3束
佐賀海苔®1枚
だし汁600cc
みそ(佐賀の米・大麦・大豆あわせ使用のみそ)大さじ3

〈作り方〉

  1. ①油揚げは、1㎝幅の短冊切りにする。小ねぎは1cmの小口切りにする。
  2. ②鍋にだし汁を加え火にかけ、沸いたら油揚げを加えて1分ほど煮て、みそを加える。
  3. ③小ねぎを加え火を止め器に盛りちぎった海苔をたっぷり加える。

【さがびより】

さがびより

佐賀海苔®や、ポン酢漬けなどと一緒にごはんにかけて、お茶漬けにすることもできます。 お茶の程よい苦みとかつおのうまみがたっぷりのおいしい一品です。

〈材料〉4人分

米(さがびより)2合
360cc

〈作り方〉

  1. ①米は洗って15分浸水し、ザルに上げて15分置く。
  2. ②飯器に米、水を加え炊飯する。

一覧に戻る